2021年10月27日 #87「翼を持って生まれて来た〔3の人〕」

こんにちは。お元気ですか?
昨日はお祝いに行って来ました。着飾ったお嬢さんとその家族を見て、なんだかほのぼのとした幸せな気分になりました。子供ってこんなに大きくなるんだな〜としみじみ。やっぱりお祝いって良いものですね。

さて月の4週目は一つの数字について書いています。今週は〔3の人〕について書きます。
有名人の〔3の人〕としては新庄剛志さん・藤井聡太さん・伊勢谷友介さん・宮崎駿さん・天海祐希さんなどがいますね。錚々たる顔ぶれです。天才っぽい人が多いですよね。もちろん他の数字にも立派な人や大成功している人はたくさんいますが〔3の人〕っていうのはその中でも一味違うと思います。ギフトを持って生まれて来た感じがします。他の人が一生かかっても手に入れられないものを持っている感じ。生まれて来た時にはすでに決まってた感じ。何度も言いますけど、他の数字にも素晴らしい人はたくさんいらっしゃいますけどね。

〔3の人〕の凄さっていうのはその飛び抜けた感じだと思います。別の言い方をすると人と同じでは収まらない感じ。突き抜けた感じ。悪くいうとグループの中で浮く感じ。もしかしたら悪目立ちしてしまっている人もいるかもしれません。でも〔3の人〕の悩みが「目立ってしまうこと」にあるとしたら、それはむしろ〔3の人〕らしい素晴らしさだと思います。

そもそも〔3の人〕というのは私の体感で言うと翼を持って生まれて来た人です。人間の中にあって背中に翼が生えていて、たまに飛んでみたり浮いてみたりしたら、それは目立ちます。当たり前です。逆にその翼を畳んで封印しているとしたら なんてもったいない!翼は広げてみてこその翼・羽ばたいてみてこその翼です。人間のふりをしておとなしくしていてはいけません。ばっさ〜〜〜〜ばっさ〜〜〜と飛んでみて下さい。それで時間に遅れてもいいですし、仕事を休んでもいいです。

鑑定にいらっしゃる〔3の人〕はたいてい「徳なんてないし、恵まれてもいない」とおっしゃいます。ちょっと怒っている感じ。〔3の人〕の徳ってね、自分で使ってみないと実感がわかない徳なんですね。〔33の人〕や〔22の人〕が持っている運の良さとは違って〔3の人〕が持っている福や徳は他の人が与えてくれるものです。「はちゃめちゃやっても大丈夫だった。」「ミスしても何も言われなかった。」「お金出してもらった。」「突然ヘッドハンティングされた。」全て人が与えてくれる福や徳です。

理由は簡単。〔3の人〕が尊いからです。だって翼が生えている人ですもの。そういう意味では橙花式数秘の中でも特別な人ということになります。よく私は「〔3の人〕は玉のような人なんです」と言います。玉とは宝物って意味ですね。〔3の人〕らしく生きてみたいならば人と合わせることを優先して自分を殺さないことです。自分のやりたいようにやる。人が決めたルールになるべく縛られない。(危険なことはダメですけどね。)たとえそれで時間に遅れても 約束をすっぽかしても ダメな人って言われてもいいじゃないですか。許してもらいましょう。「許して」って言ってみましょうよ。〔3の人〕は特別なんですから。自分の中の優先順位をはっきりさせておきましょう。

この優先順位が大切なんです。〔3の人〕にとって「大人として普通でいる」なんて優先順位として最下位です。今、閉塞感を感じている〔3の人〕がいらしたらグループからはみ出てみて下さい。すごく新鮮な空気が吸えますよ。お天気の良い日にやってみて下さい。もう気づいているとは思いますが、太陽は〔3の人〕の味方です。〔3の人〕よ!飛べ!!
ではまた来週!

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み