2021年11月10日 #89「わたしの夢」

こんにちは。お元気ですか?
先週末は大阪のみなさんとお会いできました。ありがとうございました!
いつも出張セミナーや講座では部屋のタイムリミットが差し迫ってきてしまい、終わった後にみなさんに投げやりな言葉や態度は取らなかったかな〜と心配をしています。大丈夫だったでしょうか?また来年、大阪近県のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。重ねてありがとうございました。

さて毎月第2週目は「数秘の使い方」について。

私には夢があります。
友人同士で語り合う時によく「あなたの星座は何座?」「私は山羊座だよ」なんて会話がされるように、普通な感じで当たり前に「数秘は何?」「私は4と8だよ」と言ってもらえる日が来ることです。自分自身が有名になりたいのでもなければ大儲けをしたいのでもなくて、私が扱っているこの「数秘」をみなさんに普通に使って欲しいと思っているのです。自分が西洋占星術の何座かは誰でも知っていると思います。同じように自分の数秘を知っていてもらえる日が来て欲しいのです。

何年か何十年か後、もう私はこの世にはいなくて、誰かが橙花式を引き継いでいてくれてるかもしれません。でも、いつかは後継者が必要ないくらい一般的に広まって誰でもが便利に「数秘」を使って欲しい。そして今よりも自分に合った気楽で楽しい人生をおくって欲しいと思います。

例えばです。
高校に入学した15歳の女の子。もし初対面のクラスのみんなの生年月日を知ることができれば「この人とは仲良くなれそうだ」とか「気が合わなそうだからちょっと様子を見てみよう」とか「一見怖そうに見えるけど、すごく優しい人だ」「私と気が合うかも!」というように心の準備をすることができます。これを知っているのと知らないのとでは、心構えが全然違います。「数秘」は人間関係を知るのにとても便利な道具だからです。

もう一つ、例えば。
上司に初めて送ったLINEに1日経っても返事が来ない。「なぜだろう?不安だ。怒っているのだろうか?何か失礼なことを書いてしまったのだろうか?どうしよう・・・・・」などと悩んでしまうような時。もし「数秘」を知っていれば「私はせっかちで几帳面な性格だけど、上司は時間の感覚がのんびりで即返事を送ったりしない人だな。明日、会社で聞いてみよう。」とこちらも呑気に気持ちを切り替えることができます。
「数秘」は一般的に12種類で分ける簡単な星座よりも、もっと細かく人間の特性を分類できるはずですから。

私の夢はもしかしたら叶わないかもしれません。でも少しでも多くの人が気楽に生きる術として「数秘」を知って、またそれを誰かに伝えていってくれたらいいなと思います。

突然ですが、私はあと9年間は「数秘」をやっていこうと思っています。それから先は誰かに任せようかと思っています。そしてその次の9年間は何か自分のできる範囲で社会貢献をしながら生きていきたいなと思います。なんとなくそれは子どもがらみの活動かなと感じています。
あと9年。ぜひとも よろしくお願いします。

今回はちょっと感傷的な橙花でした。
ではまた来週!

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み