2021年3月17日 #55「出版記念企画 『3/29に3冊目が出ます!』③」

3月29日発売の『誕生日で切り替わる9年間の数秘占い』について!第3回目です。

私はカバラ数秘術以外の運勢(バイオリズム)を学んだことがありません。バイオリズムは数秘の勉強をしている最中に出てきたもので、人間を知りたいという自分の欲求とはちょっと離れた位置にあったような気がしてます。むしろカバラ数秘術でも運勢が分かるのか!と驚いたぐらいです。ですからバイオリズムについての研究はかなり遅くなってしまったと思います。

数秘術の数字はそれ単体であるよりも他の数字との関連性がわかって初めてその特徴が見え、興味深いものになります。例えば、1の人が勢いがある とか 4の人は計画性があるとか特徴を言うことができます。しかし、その特徴も他の数字と比べてみて初めて見えてくるものです。1の人は(他の数字の人よりも)勢いがある。4の人は(3や5の人よりも)計画性がある。と比べてみないとその数字の特徴は見えてきません。ですから自分を知りたいならば他の数字の人を知るべきなんですね。もちろんその差はバイオリズムにも影響します。

今回のバイオリズムの本では各々の持っている数字とバイオリズムの関係についても書いてみました。私はバイオリズムの数字(例えば「今年はバイオリズム5」の場合の5)と鍵の数、魂の数が同じ場合にはしっくりくるのではないかと思っています。

鍵の数か魂の数1の人がバイオリズム1の時はしっくりくる鍵の数か魂の数2の人がバイオリズム2の時はしっくりくるのような感じです。(バイオリズム33はありません!33の人はごめんなさい)

カバラ数秘術の世界ではバイオリズムにも数秘の数の力がはたらいていると思います。3の年には3の特徴が、6の年には6の特徴が現れる。ですからその特徴を持っている、もしくは慣れている数字の人は相性がいいのではないかということです。バイオリズムをそういう捉え方で述べた本を読んだことはありませんが、そう考えるとますます数秘は神秘的に思えます。

ですから自分の持っている数字のバイオリズムがきた時は怖がる必要なないということです。しかし、一般的には良い1年間、楽しい1年間と言われているバイオリズムに突入した場合にも「なんかしっくりこないな〜」と思う人がいるってことです。本当に人それぞれです。毎度おなじみにのことセリフですが

バイオリズムは使ってなんぼ。道具だから怖がらない!

ということで。よろしくお願いします。ではまた来週!

『9年間の数秘占い』出版記念企画のお知らせ

メルマガ読者の皆さまに、『9年間の数秘占い』出版記念プレゼントのお知らせです。抽選で10名の方に「あなたの数字入りキーホルダー」を差し上げます。ご応募の際に生年月日をお知らせください。あなたの〔鍵の数〕と〔魂の数〕を封入してお作りします!この機会に是非、以下のリンクからメルマガをご購読の上、ご応募ください!

*応募締切=3月29日(月)

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み