2023年8月9日 #180「数字ごとのアプローチ」

 こんにちは。暑いですね〜。みなさんお元気ですか?
 【2023年大阪夏の陣】が終わり、ホッとしているところです。おいでくださった皆様、ありがとうございました。

 さて今週は「数秘の使い方」です。「実際にこう使う」というのを書いてみます。

<あまり知らない人にどうアプローチすれば仲良くなれるか>
数字ごとに書いてみましょう!どう?知りたいでしょ?
 問題は相手の生年月日がわからない場合ですが、〔鍵の数〕がわからなくても大丈夫。「何日生まれ」かさえわかれば、〔魂の数〕がわかります。〔魂の数〕に対応していただければOKです。

それでは、数字ごとのアプローチ方法を書いてみましょう。こうすればもう少し仲良くなれる方法です。

〔1の人〕に対しては
はっきりと「お話しませんか〜?」と声がけしてみましょう。初対面の人には誰にでもフレンドリーな人です。

〔2の人〕に対しては
怖がりな人なので、急がずに時間をかけて仲良くなりましょう。「いつも〇〇してくれてますよね?ありがとうございます。」なんて感じで話を始めて。

〔3の人〕に対しては
こちらの雰囲気が重要です。明るく、ハッキリと〔3の人〕のやっていることに興味があると伝えてみましょう。「それ何?面白そう!」ってね。

〔4の人〕に対しては
仲良くなれるかどうかを決めるのは〔4の人〕の方なのですが、少なくとも好意があると伝えることは重要です。「あなたってすごいですね」など、あなたが〔4の人〕の良いと思うところを伝えてみるところから。

〔5の人〕に対しては
飲食を共にするのがいちばん早いですね。「美味しいカレー屋さんがあるんですよ!みんなでいきましょうよ!」というように元気に、誘ってみましょう。

〔6の人〕に対しては
こちらの表情が重要です。〔6の人〕の人は敏感な人です。口角をあげて「それ素敵ですね。お似合いです。」と相手の良いところを褒めてください。褒めることが挨拶になります。

〔7の人〕に対しては
こちらからアプローチするのはちょっと難しい。近寄ると「何しに来たの?」と疑われそうです。でも怖がりではないので「話をしに来た。あなたって面白そうだから。〇〇についてはどう思う?」なんて率直に伝えてみたら?

〔8の人〕に対しては
プライドの高い人なので、気さくに声がけするというよりは丁寧に挨拶を交わし始めるというところから時間をかけてみましょう。それから自分の好意を伝えてみましょう。

〔9の人〕に対しては
キャパの広い人なので、いきなり話しかけたり近寄ってしまっても大丈夫です。面白い話ができればその日から友達として、取り巻きに入れてくれます。

〔11の人〕に対しては
何かで助けてもらうことが近しくなるコツかもしれません。大変な事案ではなく、何かを教えてもらうとか、何かをするので少し一緒にいてもらうとか、それでなくとも忙しい人なので、負担にならない程度に。始まりはそこからです。

〔22の人〕に対しては
「何か手伝うことないですか?」が良いですね。一緒に何かをしましょう!というアピールです。

〔33の人〕に対しては
「ご一緒しませんか?」とストレートに伝えるのがいいですね。なるべく一緒に行こうと努力してくれる人です。

いかがでしょうか?
新しい職場に入った時、新しいクラスに入った時、友達になりたくなった時、憧れている人がいる時、そんな友人一歩手前」の場合に役立ててみてください。
数秘はこうやって具体的な行動に移して使うと、便利さが分かってもらえると思います。

毎日暑いし、台風も怖いし、嫌になりますが、とにかく体を大切にして生きていきましょう!
では、また来週!

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み