2023年11月22日 #195「数秘で「運命」を読む」

 こんにちは!お元気ですか?とうとう冬の気配がしますね〜。
 先週は「有名人の鑑定」を書く週だったのですが、他の記事を書いてしまいまして。「え?有名人の鑑定じゃないの?」とご指摘をいただきました。楽しみにしてくださっていたんですね。ごめんなさい!遅ればせながら、今週書きます。

 今、橙花のマイブームは「数秘で人生のテーマを読む」ことです。数秘を使うと、その人の「今=瞬間」よりも、それぞれの「人生そのもの」が見えてくるのです。
 2024年はこの「人生を読む」をセミナーでやってみるつもりです。「自分のテーマを知って生きていく」という企画です。面白そうでしょ?

 そこで、今回はこの「数秘で運命を読む」〜人生のテーマを知る〜 の実例をお目にかけようと思います。有名人の方にモデルになっていただきましょうね。実際にこんな感じでテーマを探っていきますよ。分かりやすいこの方で!

仲間由紀恵さん(1979年10月30日生まれ)
鍵の数3 魂の数3 使命数M4

〔3〕という数字は太陽のような、エネルギーの塊です。
そもそも、この数字を生まれ持った時点で「生きる方向」が決まっています。

自由に動いて「面白いこと」を追求する、またそのエネルギーで周りの人たちを照らし、温め、幸せにする。

とでも言いましょうか。だって〔3〕は太陽ですからね。仲間さんの場合にはその〔3〕を2つもお持ちなので、生粋の太陽だと思います。しかし使命数は〔M4〕なのです。

〔M4〕は地上にグランディングし、落ち着いてひとつことに精進しなければならない。

という意味があります。
 全体のイメージを決めるのには、この〔3〕〔M4〕を総合します。仲間さんの場合は〔3〕を2つ持っています。力関係としては〔3〕の「動きたい、光り輝きたい、周りを温める」の方が優勢です。それを踏まえて仲間由紀恵さん主観の人生のテーマと彼女の運命にタイトルづけをしたとすると

「毎日なんだか楽しいな」

なんていかがでしょうか。
 生き方としては着眼点が「明るいほう、楽しいほう、居心地の良いほう」に向かっていて「辛いこと、悲しいこと」には目を向けられない人生。という感じです。
 仲間さんを主人公にした物語としては、お茶目なエピソードで周りが和んだ話とか、自分に要求されているタスクをこなすことに嫌気がさす時があるとか、面白いものがいっぱいあって目移りしてしまうとか、全体的には明るい絵本のような物語になると思います。

 もちろん人生には辛い時期も悲しい思いもをする時もあります。しかし、それを上回るような明るいイメージの人生です。ご本人が体を大切にして健康でいてくれれば、あとは誰かが、何かが彼女を守ってくれるはず。そんな物語です。仲間さんと全く同じ3つの数字をお持ちの方も大勢おられると思いますが、

数秘のままに生きていれば、そんな人生です。

いかがでしょうか?
 仲間さんが実際にそんな人生をおくっているかどうかは分かりません。しかし、数秘で読み解くと彼女の人生はそんな感じにできているのです。「自分のテーマ」を知った後に、自分の選択や行動にどう活かしていくのは、本人次第ということですね。

 一味違う「数秘で運命を読むセミナー」〜人生のテーマを知る〜 に興味がおありでしたら、ぜひセミナーにおいでください。あなたの「人生のテーマ」を探ってみましょう。1月東京からスタートして2月は名古屋、3月は大阪で予定しています。
では、また来週!

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み