2023年4月26日 #165「〔1の人〕は自分のことだけが知りたい?」

こんにちは。お元気ですか?
毎月4週目は「1つの数字」を書いています。今回は久しぶりに〔1の人〕を書いてみようかな。

東京のoffice橙花では数字ごとのセミナーをやっています。
〔9の人〕だけ、〔3の人〕だけ、〔5の人〕だけ、というように同じ数字を持っている人のみが参加いただけるセミナーです。数字しばりシリーズですね。以前「私は8じゃないんだけれど娘が〔8の人〕なのでセミナーに参加して良いですか?」とご質問を受けたことがあります。お断りしました。
同じ数字の人が集まることに意義があるんですね。参加者の皆さんには共感して欲しい、自分も大丈夫だと安心して欲しいのです。仲間たちはそうやって生きているんだと知ることは今後の生きる力になるはずです。ですから数字しばりなんですね。

さて〔1の人〕
明るくて元気・にぎやかで初対面の人にも物おじしないで話せる、知らない場所に行くのも平気な勇気の人!こう書いているとセミナーにもよく来てくださるように思うのですが、意外にも〔1の人〕セミナーにはなかなか集まっていただけません。なぜでしょうか?

そういえば〔2の人〕も〔4の人〕も〔5の人〕でさえ数字しばりセミナー告知のレスポンスは良くありません。小さい数字の人たちはあまり集まっていただけない。(ここで大声で言わなくてはいけないのは〔3の人〕は全然違います!!ということです。笑)
〔3の人〕に関して言えば、仲間に会えるという興味よりも、自分のことを語る会だ!という部分にそそられるのではないかと考えています。

さて、そこで仮説が生まれます。
6〜9と11・33のように大きい数字の人は他人に興味があるのではないか?
あんなに好奇心旺盛な〔1の人〕であっても、小さい数字群の人たちは他人にそれほど興味を持たないのではないか?未知の仲間に会いたいなんて思っていないのではないか?
めちゃくちゃ面白くなってきました。ここは突き詰めたいですね。人間関係に対する考え方を把握する時、肝になりそうな予感です。

つまり興味の対象は他の誰かではなく自分にある。特に〔1の人〕は全ての数字の中でも一番特徴が顕著でエッジが効いてる存在ですから「他の人のことはいい!自分のことだけ知りたい!」というストレートな気持ちなのだろうと想像します。大きな数字の人たちは他人のことが気になって仕方ないのに。やっぱりイイですね〜〔1の人〕は。清々しいです!
いいぞ!〔1の人〕

さて、ここでそれとなく触れてみます。7月中旬より8月頭まで、なんと勝手にひとりで
【2023大阪夏の陣】をやろうと思っています。「夏の陣ってなんだよ」と笑われそうですが
「すごく面白い!」とひとりで盛り上がっています。

具体的には長期滞在して、毎週末と平日の夜を使って数字しばりシリーズを大阪でやってみたいと思っています。何せ同じ数字の人しかご参加いただけないので、多数の方にいっぺんにお話しできるわけではありません。経費の効率が悪いので今までは見合わせていましたが。

このセミナーは前半は数秘のレクチャー、後半は皆さんのご相談に一言で答えるというものです。同じ数字を持つ同士がどんなことを言われているのか、その時に仲間としてどう感じるのか?思わず漏れてしまう一言に爆笑になることもよくあります。同じ数字を持つ仲間だけにしかわからないあるあるで盛り上がれる貴重な機会、面白い経験になると思います。

橙花は大阪はすごく水が合うので、どの会も面白いものになると想像しています。今ちょうど企画をしています。ご期待くださいね!

ではまた来週!

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み