2024年1月17日 #203「あいみょんさんを鑑定」

 こんにちは。
東京でもやっと冬の感じがしてきました。みなさんいかがお過ごしですか?
特に北陸の皆さん。いかがお過ごしですか?寒い日が続きますがご自愛くださいね。

 さて月の第3週は「有名人の鑑定」です。メルマガ200回記念プレゼントのお申込み時に多くのリクエストをいただきました。しばらくは人選に悩まなくて済みそうです。ありがとうございました。早速リクエストをいただいた中から、今回はこの方を!

あいみょんさん(1995年3月6日生まれ)
鍵の数33 魂の数6 使命数M9

 驚きましたね〜。あんなにキラキラ輝いているあいみょんさん。数秘では寂しい気持ちの塊のような人に見えます。
 努力家で素晴らしい才能もある、運もある、人にも好かれる、全てにおいて完璧に見えるのに、体の中心にぽっかりと大きな空洞を抱えているようです。これがアーティストというものなのでしょうか。

 あいみょんさんの心の中心には愛があります。それもプラスの愛ではなくマイナスの愛、つまり愛が足りない感じです。彼女自身「頭ではわかってる。確かに私は十分に愛されている。でもそれが実感できない、だからもっと頑張ろう、もっと優しくしよう、もっと人を愛そう」そう考えているように見えます。努力のモチベーションが「愛の欠乏」だということです。

「体の中心に愛がある人」

 あいみょんさんとは全然違う数字をお持ちの方でも、同じように「愛が足りないから」という理由で何かをする人や何かを諦める人はとても多いと思います。その気持ちがわかるからこそ彼らの心のうちを表現できるのでしょうし、希望の歌も歌えます。対峙するのではなく寄り添い共感できることがアーティストとしての強みになっているのでしょう。

「弱いからこそ強い人」

 また、物事の極端を捉える人だと思います。「すごくいい!」もしくは「全然ダメ」普通や当たり前なものにはあまり興味を持ちません。どこかにキラリと光るような、洗練された美くしいものを探すのが得意です。美意識を追求・カッコイイを体現するのが生きていくことそのものなのかもしれません。

「理想を追求する人」

 いつも誰かを好きでいると思います。憧れの人、尊敬する人、理想の人がいつもいて、そこに近づけるように努力を重ねます。彼女自身、自分が唯一無二の存在であるとは感じていないのではないか?と想像します。もっと上手くなりたい、もっと美しいものを作り出したい、もっと誰かのためになりたいと考えます。ですから、誰かを好きでいると言っても恋をしているのとはちょっと違うかもしれません。

「憧れの人がいる」

 恋で言えば、あいみょんさんの場合は2つのパターンが考えられます。一つは彼女が神のように崇める相手を強烈に好きになる。もうひとつは自分を好きだと言ってくれた相手と温かい時間を持つ。どちらも彼女の恋愛のパターンだと思います。「崇高な理想を追い求める生活」と「喉の渇きを潤してもらう癒しの生活」の2つの時間を同時を生きているのです。

「2種類の恋がある」

 実は私、あいみょんさんについて詳しくは知りません。歌番組も観ないのです。しかし、数秘で観るとずいぶん魅力的な人なんだな〜と感じました。

3月からの彼女は何か飛躍の予感がしますね。今年もご活躍をお祈りしています。

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み