2024年5月15日 #220「伊藤沙莉さんを鑑定」

 こんにちは。お元気ですか?
春も終わりって感じですね。暑い日が続くと思ったら急に寒くなったりして。衣替えのタイミングが難しいですよね。どうしよう?いつしよう?

 さて月の第3週目は「有名人の鑑定」です。今回は、今いちばん旬な女優さんを鑑定してみます。

伊藤沙莉さん (1994年 5月4日)
鍵の数5 魂の数4 使命数M9

 実はですね。鑑定をする時は、数字の特徴を述べる前に必ずこの3つの数字を持っている人が「どんな感じ」の人なのか、素材を吟味します。たとえば「のんびりした感じだなぁ」「いつも緊張しているみたい」「いつでも逃げられるようにスタンバイしている雰囲気」というのように、だいたいのキャラクターを捉えてから各々の数字に入っていきます。3つの数字の特徴を述べるよりも前にです。ブレンド具合によっては鑑定時に言わなくていい特徴もあるわけですね。

 さて、沙莉さんのイメージは「けっこう闇が深い人」という感じです。終わりなき戦いを繰り広げ、あくなき挑戦を続ける「プロ根性の人」に見えます。そもそも〔4〕を持っている人はプロっぽい人が多いのですが、その上〔5〕もセットで持っているということになると、ちょっと大変になります。なぜなら〔5〕を持つ人は仕事のように「結果が出て終わる」では満足できなくなるからです。芸術や芸事、美や美食の追求など終わりや到達点が見えない分野に足を踏み入れてしまったら、もう抜け出すことができません。「日々精進」のような生活になるでしょう。

 飲んでいても遊んでいてもどこかで「あれはこうすればもっと良くなるかな?」と考えていたり、コンサートに行けば「こんなに素晴らしい音楽を奏でる人がいるなんて、自分はまだまだ努力がたりない」と思ってしまう。そんな真面目さが「終わりのない分野」で発揮されているわけです。「自分自身をいじめることによって己を向上させていく」ような痛々しさも少し感じます。
  ですから、その努力や演技の追求など、常人には真似のできない力の入れようこそが沙莉さんの特徴だということになりそうです。

 そして、あまり人には見せたがりませんが、ものすごく心が弱る瞬間のある人なので、周りの人たちが気をつけて、守ってあげて欲しいなと思います。
 また彼女は物事を白黒はっきりさせてしまう癖があるようです。コミュニケーションスキルが高い人なので誰かを傷つけたりはしませんが、自分の中では「この人はOK、この人はダメ」というようにハッキリと線引きがされているのだと思います。

 さらに、人が気づかないところもしっかりと把握しているような鋭さがあります。〔5〕を持つ人の第六感のようなものです。ですから、実際に沙莉さんとご一緒された人は彼女に「知って欲しくないことも全部ばれてるのかもしれませんね。特に沙莉さん本人に対する好意や敵意などにはとんでもなく敏感です。

 独身の方なので恋愛も書きたいところなんですが、実のところ恋愛分野に関してはあまりよく分かりません。強いて言うといわゆる「デキる人」に惚れるのか、それとも「ノリと匂い」で決めるのか。そんな2択のように見えます。
 私個人としては若いうちは「ノリと匂い」でバンバン恋愛をしてもらって、ある程度 楽しんだら「デキる人」と落ち着くというのが良いのではないかと思っています。

 数年前から沙莉さんについては「だれだろう?この存在感のある女優さんは!?」と思っていたのですが「とうとう朝ドラの主演女優だ!!」と親戚の叔母のように喜んでおります。めちゃくちゃ応援していますよ〜!
それではまた来週!

この記事をシェアする

シェアしていただけると励みになります

セミナー・鑑定のお申込み